高額なレッスン料金を請求するオーディション詐欺に注意

将来、テレビや映画などの仕事を目指す人にとって、最初に立ちはだかる壁がオーディションです。難関のオーディション通過できたら、それだけで自分の夢への道が拓けたような気がするのも当然ですよね。

しかし、そんな夢を持った人をターゲットにしているオーディション詐欺というものがあります。この記事では、オーディション詐欺の特徴や手口などについて解説しています。

オーディション詐欺の特徴

高額な登録料を請求する

オーディションを受けさせて、合格の連絡と同時に、レッスンの参加への要請を行います。レッスンに参加すれば、本人のスキルアップだけではなく、一定期間のレッスンで、テレビや映画の仕事がもらえると言ったことをほのめかせて、高額な登録料を支払わせます。

多額な追加費用の発生

登録料がそれほど高くない場合は、レッスンの受講が開始された後のタイミングで、追加費用をせいきゅうしてきます。

オーディション詐欺の騙しの手口

ターゲットの心理状況を利用する

レッスン詐欺の大半は、最初にオーディションを行い、合格した人だけが、レッスンを受けられるというような説明をします。

しかし、詐欺業者の場合、オーディションを受けた全ての人が合格になります。被害者は、自分だけが合格したと思い、選ばれた人間であるという心理状態にさせて、未来への投資ということでお金を出させます。

逆にターゲットのコンプレックスのある部分を突き、レッスンを受けることで、コンプレックスが解消されるなどといった手口を使う場合もあります。

いずれの場合も、被害者の心理状態を巧みに利用して、正常な判断をさせなくします。

長期契約を結ばせる

レッスンの期間は、1年2年といった長期で結ばせる手口が多いです。長期間で契約させた場合、被害者が途中で、レッスンをやめようと思っても、いままで受けた分、お金を支払った金額を考えるとなかなか、辞めるのが難しくなります。

また、長期契約の途中でレッスンをやめる場合は、残りの契約期間に対して、高額なキャンセル料を請求します。キャンセル料が払えないので、契約期間が終わるまでズルズルと分割でお金を支払い続けている被害者も少なくありません。

紹介料を請求する

レッスンを行っていると「映画への出演依頼が来た」「CMのスポンサーから打診があった」などという事を伝えてくることがあります。

映画やCMへ出演したら、出演者には出演料が支払われます。CMの内容や映画やドラマの役によっては、高額な出演料を期待することもできるでしょう。

オーディション詐欺では、高額な出演料が出るけれども、スポンサーやプロデューサーに紹介するための、紹介料が必要だと言って来るケースが多いです。

紹介料を支払っても、映画に出演できれば、その何十倍ものお金が手に入るなどと、相手を騙してくるのが詐欺師の手口になります。

オーディション詐欺の被害に遭わないために気を付けること

オーディション詐欺に遭わないためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょう?

SNSなどのメール勧誘には乗らない

オーディション詐欺の最初のアプローチは、SNSからのダイレクトメッセージや、街中でのスカウトであることが多いです。

インスタグラムなどに、自分の将来の夢が「モデル」「女優」の人などをターゲットにしてDMを送ってくるのが相手の手口ですから、知らない人からのメール勧誘には絶対に乗ってはいけません。

相手の事務所を徹底的に調べる

メール勧誘やスカウトで、相手は名刺を渡したり、自分の所属しているプロダクション名を伝えてくるでしょう。誰でも知っているような大手の事務所を名乗る可能性もあります。
しかし、名刺や相手の言葉だけで信じてしまってはいけません。まず、事務所が実在しているものであるか、ネットなどで確認すること。評判なども調査しておいた方がいいでしょう。

そして、一度こちらから事務所へ電話をかけて、相手が在籍しているかどうか確認する必要があります。相手から携帯番号をもらっていたとしても、その携帯に電話をするのではなく、事務所の電話番号を調査して電話をするようにしてください。

お金を請求されたらおかしいと思うこと

オーディション詐欺は、最初にオーディションに合格したというおしらせからスタートします。しかし、オーディションに合格したのに、お金を支払わなければならないとうのは、普通に考えておかしな話です。

詐欺師は相手の心理状態を巧く利用するので、合格という言葉によって相手を高揚させて、冷静な判断ができないうちに、お金を騙し取るという手口を使います。

お金を請求されたら、絶対にすぐに支払ってはいけません。家族や友人に相談したり、国民生活センターなどに相談したりして、自分が冷静に判断できるようになるまで、支払うのは止めた方がいいでしょう。

まとめ

芸能界に憧れる人は、自分をアピールするために、インスタの更新やFacebookの更新を頑張っている人が多いです。詐欺師にとっては、そういう人ほど狙い目となってしまいます。
少しでも可能性があれば、自分の夢の実現のためにやってみたいと思う気持ちはわかりますが、オーディション詐欺では、少しも夢を実現できる可能性などありません。

ただお金を騙し取られるという結果が待っているだけなので、怪しいメールやスカウトには十分注意してください。

©︎ Answer sagi scoop