副業詐欺の仕組み!どういう仕組みで儲けているか知って対策 しよう!

副業詐欺はどのような仕組みになっているのでしょうか?
その仕組みを知れば、おのずと対策も見えてきます。
この記事では、副業詐欺がどのような仕組みで儲けるようにできているのか、またそのためにどのような勧誘をしてくるのか解説していきます。
詐欺の仕組みを知り、対策に役立てましょう。

 

副業詐欺はどうやって儲けている?

副業詐欺の儲け方としては、大きく二つがあります。
一つは、高額のマニュアルやツールを買わせたり、セミナーに通わせて儲けるタイプ。
もう一つは、直接何かを買わせたりはしないものの、アフィリエイト報酬などで間接的に儲けているタイプです。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

・マニュアルやツールを買わせるタイプ
「副業で稼ぐために必要です」と称して、マニュアルやツールを購入させたり、またはセミナーへの参加費を取ってくるタイプの詐欺です。
まともなマニュアルやツール・セミナーでもお金を取るのは当たり前なので、なかなか詐欺と気づきにくいのが難しいところ。
見分け方としては、「絶対に稼げる!」「人生一発逆転!」「今だけ割引!」など、強く煽ってくるタイプのものには注意したほうがいいでしょう。
ちなみに、副業詐欺系のセミナーは明らかにずさんで雑、怪しい説明をしているところもあります。
なぜ雑な説明をするのかというと、わざと怪しまれやすい説明をすることで、あらかじめ参加者をふるいにかけているのです。内部に入られてから詐欺だと気づかれるより、その前に気づかれたほうが詐欺師側からしてもリスクが少なくて済むからです。
「怪しい説明をしても引っかかるやつは搾取しやすい」。言葉は悪いですが、バカをふるいにかけているのです。説明がずさんで怪しかったら注意しましょう。

・マニュアルやツールは絶対に購入しないこと!
高額なマニュアルやツールは絶対に購入しないようにしましょう。
副業を始めるにしても、月々1,000円程度で参加できるまともなオンラインサロンはたくさ んあります。
何万もするマニュアルやツールは「高いからいいものかもしれない」と思いがちですが、絶対にそんなことはありませんので注意しましょう。
様々なアフィリエイトに登録させる直接お金を徴収することはないものの、ユーザーをアフィリエイトに登録させることで詐欺まがいのことをしている人もいます。集めたユーザーを自身のサイトなどからアフィリエイトに登録させることで報酬を得るのですね。
アフィリエイトというのは、紹介報酬のこと。「お友達を一人招待したら、あなたとお友達 それぞれに500円ずつあげますよ」とかそういうものです。
アフィリエイト報酬を目的にユーザーを集めている人、いわゆるアフィリエイターと呼ばれる人たちは、ブログなどにアフィリエイトリンクを貼り、自分のリンクからどれだけ登録者が出たかどうかで報酬を稼いでいます。
アフィリエイターの中には、純粋に自分がいいと思ったものだけを紹介しているまともな人もいるのですが、中にはとにかく単価の高いアフィリエイトを紹介しまくってお金稼ぎに執心している人もいます。
お金稼ぎに走ったアフィリエイターは、必ずしもユーザーのためになるものを紹介しているとは限りません。むしろ、ユーザーにとって害があるものの方が、アフィリエイトの単価は高いのです(普通のやり方では売れないため、アフィリエイターの力を借りて売っている)。
「信頼しているインフルエンサーさんだから」と特定の人の発信を鵜呑みにしないように。
例えば何かに登録・購入する前にはツイッターで悪い評判も探してみるといいでしょう。
また、アフィリエイトリンクはURLの前半に「ad(広告の意味)」などの文字が含まれて いるものがほとんどです。リンクが貼られていたらURLをしっかりチェックし、それがア フィリエイトリンクであるかどうか確かめるようにしてください。

まとめ:仕組みを覚えて正しく対策しよう!
副業詐欺をしている側がどうやって儲けているか、どうやって活動しているかを知ることで、引っかかることを未然に防ぐことができます。まずは疑い深くなることが大切です。怪しい部分を見つけたら、徹底的に疑いましょう!

©︎ Answer sagi scoop